*

Google Apps 無償版に追加したドメインエイリアスのgappssmtp.comを消すためにDKIM認証をした

公開日: : Other

「Google Apps 無償版」に追加した「ドメインエイリアス」の「gappssmtp.com」を消すために「DKIM認証」をしました。

名称が「GoogleApps Standard Edition」だった頃から、「Google Apps 無償版」を使っています。

この「Google Apps 無償版」で、「ドメインエイリアス」の追加をしました。

example.comで説明するとわかりにくいので、今回は私が管理している独自ドメインで説明します。

・pc-kaizen.info ← 最初から「Google Apps 無償版」で使っていた独自ドメイン
・bitli.info ← 今回、「Google Apps 無償版」に追加する独自ドメイン

bitli.infoを追加した後にどうなるか?

akira@pc-kaizen.infoというメールアドレスが存在する場合、akira@bitli.infoというメールアドレスにメールを送信することが出来ます。

akira@bitli.infoに送ったメールは、akira@pc-kaizen.infoに届きます。

このままで返信すると、akira@bitli.infoではなくてakira@pc-kaizen.infoから送ったことになります。

akira@pc-kaizen.infoの設定で、「Pc-kaizen.info メール を使用して他のメール アドレスからメールを送信します」のところにakira@bitli.infoのメールアドレスを追加しなければなりません。

新しいメールアドレスを使いたくなったらどうすればいいか?

suzuki@bitli.infoが使いたい場合、suzuki@pc-kaizen.infoを作成すればいいわけです。

問題は、追加した独自ドメインのakira@bitli.infoだと、署名元に「gappssmtp.com」がついてしまうことです。

これを消すには、bitli.infoでもDKIM認証をしなくてはいけない。

もちろん、pc-kaizen.infoのDKIM認証は昔にしてありました。

DKIM認証後、署名元にあった「gappssmtp.com」が消えて、bitli.infoだけが表示されるようになりました。




関連記事

Amazon Echo DotからWunderlistへメモがしたいのでIFTTT(イフト)のレシピを作成した

「Amazon Echo Dot」から「Wunderlist」へメモがしたいので、「IFTTT(イフ

記事を読む

no image

OLYMPUS PEN mini E-PM1のシャッターが切れなくなった

「OLYMPUS PEN mini E-PM1」を使っていたら、「レンズの状態を確認してください」と

記事を読む

no image

NEC Express5800/S70 タイプFLにWindows10 Home 64bitをインストールした

「NEC Express5800/S70 タイプFL」に「Windows10 Home 64bit」

記事を読む




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




PAGE TOP ↑